小牧市の動物病院 ペットの診療はおまかせください トリミング・ペットホテルも完備です

ペットの健康を守る獣医師

獣医師は人間以外の動物の診療を行っており、医師や看護師などと同じように国家試験を受け「獣医師免許」を持っていることが求められます。ペットの健康管理や病気になった場合には、無くてはならない存在と言えます。

獣医師の役割

獣医師の使命は「動物の命を守る」ことが大前提としてあります。一般的に動物病院で働く獣医師は「臨床獣医師」と呼ばれています。ワンちゃんやネコちゃん、うさぎ、ハムスターなどの小動物を中心に様々な動物のケアを行います。様々な動物が来院すること、状況も異なるので幅広い動物に対する知識が必要になってきます。動物病院の獣医師は病気の予防注射、ケガや病気の治療を中心に行い、飼い主へペットとの正しい向き合い方なども指導しています。また獣医師は動物病院だけでなく、様々な場所でも活躍しています。牛や豚などの畜産動物、水族館や動物園で生きている動物、保護が必要な動物など様々な場所で生息している動物を相手に診療や管理などを行っています。さらに伝染病などが広がらないように、人間と動物が共存できる環境も整えている立場でもあります。

いい獣医師とは?

ペットの健康を守るには、いい獣医師を選ぶ必要があります。飼い主さんにとって獣医師選びは大事な役割となりますが、専門知識がないと獣医師の技術などで見分けることは難しいかと思います。獣医師を選ぶ時にはその他の部分で判断していくといいでしょう。手術や治療を行う場ですから、室内の衛生管理が行き届いているかを見ることは大事なポイントです。またエコー、レントゲン、CTなどの機器に頼り過ぎることがなく、自身での視診や触診で正しい判断をできる医師が望ましいでしょう。また実質的な面だけでなく、飼い主さんの心のケアも行ってくれる獣医師がいい獣医師と言えます。万が一ペットが重い病気になった場合に精神的にも肉低的にもダメージを受けることになり、治療が長期に渡ると経済的にも不安が出てきます。そのような部分に細かく気づき、サポートをしてくれるのが理想的な獣医師と言えるのではないでしょうか。

当院は多くの名医を輩出したことで評判の「日本大学農学部獣医科」を卒業した別所院長が診療を行っております。愛知小牧市周辺で動物病院をお探しの方は、当院をご利用ください。往診も行っていますので、ご希望であればお気軽にご相談ください。

病院案内

 小牧市若草町88

 →アクセス

 TEL.0568-41-3322

↑ PAGE TOP